調査結果でわかったSEXのちから!こんなにも魅力的なセックスの7つの効能

SEX 健康セックスをすることでどうやら精神的にも肉体的にもメリットがあるという研究結果が公表されています。
世界的にもセックスレス国家と言ってもいいほどセックスをしない日本ですが、セックスは健康に良い!という研究結果が世界から次々と明らかになっています。

この記事では、その研究結果を7つほど紹介したいと思います。

SEXの効果1

週1のSEXで免疫力がアップ

唾液中の抗体の濃度が、週1回のセックスで上がるという研究結果が、アメリカウィルクス大学で出ました。
インフルエンザになりにくいという結果も公表されています。

週一度のセックスであれば、セックスレス国家の日本でも可能ではないでしょうか?

SEXの効果2

セックスをしていると見た目が若くなる

定期的にセックスを行っている男女ともに、見た目が5歳程度若く見えるという研究結果が出ています。

セックスは本来気持ちいいもの、面倒くさいという若者もいますが、見た目が若く見えるというのは、魅力的な効果ではないでしょうか?
年を取ってくると若く見せるために、高価なサプリを飲んだり、エステに通ったりとお金がかかるもの。

でも、セックスで若くなるのであれば、セックスにはアンチエイジング効果があるということ。
これは、嬉しい効果です。

SEXの効果3

寝る前のセックスで快眠生活になる

寝る前のセックスで、睡眠の質が向上したというオーストラリアセントラルクイーンズランド大学の研究結果があります。

愛情ホルモンと言われる、オキシトシンの作用と考えられています。
オキシトシンは、幸福感をもたらし、鎮静剤の効果もあるため、触れるだけで分泌されるそうです。

うつ病で寝られない、暑くて眠れない、猛暑の夏こそ、セックスで快眠はいかがでしょうか?

SEXの効果4

定期的なセックスでダイエット効果が見込める

セックス、抱き合うこと、キスをすることだけでも、消費カロリーは結構の数になります。
これは、週に1度でも行えば、当然ダイエット効果があるといえるでしょう。

SEXの効果5

定期的なセックスでストレス耐性が強くなる

定期的なセックスで、定期的にセックスをしない人に比べると、仕事上のストレスにうまく対応できるという研究結果が、イギリス西スコットランド大学で出ています。
例えば、人前で公演する、発表するなどのストレスに上手に対処できるとのことです。

毎日ステレスフルな生活を送っている人ほど、日常的なセックスを行うと楽になるかもしれませんよ。

SEXの効果6

心臓病の予防につながる

アメリカニューイングランド研究所で、週2回以上のセックスをする男性は、心臓疾患の罹患率が45%低いという結果がでています。
この研究は、16年、1000人以上にわたる研究結果なので、かなり信頼できる研究結果だと思います。

SEXの効果7

コンドームなしのセックスで女性はうつになりにくくなる

精子に含まれるテストステロンなどのホルモンが、膣壁を通して女性の血流に浸透し、いい影響を与えているのではないか?ということです。

まとめ

いかがでしょうか?
セックスの効用は、結構健康に良いんだな!?と研究結果だけを見れば、思ってもらえたのではないでしょうか?
セックスをして、男女ともに健康になれますし、一石二鳥にも三鳥、四鳥にもなりますので、どんどんセックスをしていただければと思います。

また、セックスをしたいけど、EDなんだ!という男性も大丈夫。
セックスをしたいのにED気味の男性向けに、ゼファルリンなどの精力剤があります。まずは試してみるといいでしょう。
ED治療薬のように副作用もないので安心です。